韓ドラに夢中

お詫び

この記事を投稿する前の四日間ほど、当ブログにアクセスできない状況が続いていました。ネームサーバーの更新をした際の手違いが原因と思います。
いろいろと修正方法を調べて試しましたが、時間ばかり経過し今日までかかりました。
せっかくご訪問いただいたのに、エラーでご覧になれなかった方があれば、本当に申し訳ありませんでした。お詫びいたします。
もしよろしければ、新しい記事を投稿いたしましたので、続けてご覧いただければ幸いです。(管理人しろいふとし)

 

f:id:siroihutosi:20201210203212p:plain

f:id:siroihutosi:20201210203257p:plain

お夕飯時のテレビタイム

しろい家では、ご飯時のテレビをオッケーにしています。
さん子の食事の進み方があまりにも遅いときは、プチッと消してしまいますが、大体は自由に観ています。
チャンネル権はさん子にあるのですが、たまーに「母の好きなのでいいよ」と譲ってくれることもあります。

リモコンを握ったふとしが再生するのは、韓ドラ!
ふとしは数年前から韓ドラを観るようになりました。それを横でチラ見してきたさん子も韓ドラが面白いことを知っているので、最近二人でご飯を食べる時に観ています。
今観ているのは『黄金の私の人生』という長いドラマです。ちょうど半分くらい見終わったところですが、どんどん面白くなってきているので目が離せません。

 

字幕のドラマなので…

吹替版だと画面を見ていなくてもセリフさえ聞こえていれば、ストーリーが追えるんです。でもこれは字幕版なので、画面をよく見ていないとセリフもストーリーもわからなくなってしまいます。
夫にもあらすじを説明して一緒に楽しんで欲しいんですが、再生を止めて5分くらいお話ししないと無理。登場人物も多いし、話も複雑です。
そのままだと説明中もどんどんお話が進んじゃうんです。

それじゃリモコンの一時停止ボタンを…と思うんですが、その瞬間ばばっとお話が急展開しちゃったり、よいシーンに突入しちゃったり…。
気が付くと、夫になんにも説明しないままその回の終わりまで観ちゃってたりします。

あらすじさえ分からないまま、長いドラマの真ん中あたりを観せられる夫…。
ごめんね。ふとしは自分の「観たい」を最優先に生きております。

 

老後になったら…

労働人生を卒業して、二人でゆっくり過ごす時が来たら、ふとしお勧めの韓ドラを第一話から一緒に観ましょうね。
長ーいやつにしましょうか。なかなか観終わらないような。
お茶を飲みながら、
「あー、次のお話が楽しみだねー。」
なんて。

夫は嫌がるかもしれないです。
「俺はアクションがいいんだけど…。」
とか言いそう。
そっちも付き合うから、韓ドラにも付き合ってください。ね、ねー。

 

↓コンパクトDVDボックスの1、2、3です。