みーちゃんは目覚まし

f:id:siroihutosi:20210202225224p:plain

f:id:siroihutosi:20210202225324p:plain

 

どーして猫って朝起こしに来るのか

別にご飯やおやつの催促でもないのに、毎朝のように同じ時間に起こしに来るみーちゃん。他の子はそういうことをしないのに、この子だけはしつこくしつこく起こしに来ます。

 

払っても、払った手を噛み、隠れても息継ぎのわずかな隙間から手を差し入れてきます。
ホラー!まさにホラー映画の怖さ…。

 

ぴったりと布団の隙間をふさいで、彼女が立ち去るのを待ちます。
みーちゃんが諦めるのが先か、ふとしが酸欠になるのが先か…。

まあ、こういう勝負でみーちゃんに勝ったためしがありませんが…。

 

起きりゃいいだけの話なんです

でも、朝目覚ましが鳴る前の数分って、なんかすごく大切な気がするんです。

もうすぐ起きなきゃないけど、まだ寝れる…、もうちょっと寝れる…、あと…、も少し…、行けるか…。ああ…。

という葛藤を、朦朧とした頭で考えながら過ごす、あの時間。

ふとしには必要な時間なんです。

 

しかーし、乱暴にめちゃくちゃに、その時間をつぶされる。

「うみゃみゃみゃみゃ~~!」
「ふんふんふんふんふん!」
「がりがり!ドスン!」
固太りの茶色い塊が、ふとしの背中の中央を重く踏みしめる、あの衝撃!

身体的な苦痛、それに加えて精神的な苦痛をより強く感じる気がします。

 

それでも、みーちゃんはかわいい…

親バカの自覚はもちろんあるのですが、自分の親バカ度を計ったら、結構世界ランキングいいとこいけるんじゃないかと思うんです。

何されたって、どーしようもないほどかわいい。
悪さだ、いたずらだってその時は怒っても、数分も持たないですよ。

ただ生きてふとしの傍にいてくれるだけで、ありがとうって思う。

あー、きっと同じ気持ちの方、世界中にたくさんいるんだろうな。
世界親バカランキングは、同率1位がひしめき合ってるかもしれないですね。

沢山の同胞の存在に気付いたので、ふとしはすごく満足しました。

 

よし今日はもう寝よう!
明日のみーちゃんの目覚ましに備えなくては。
来い!みーちゃん!