ボイラー故障…そして温泉

f:id:siroihutosi:20210109003317p:plain

f:id:siroihutosi:20210109003353p:plain

お家のボイラーが壊れました

正月早々、まさかの「お湯が出ない!」騒動…。
あれこれ騒いだ挙句、家のお風呂をあきらめてさん子と温泉へ行きました。
コロナが始まって以来、行ってなかった温泉です。まだまだ不安はありましたが、他に方法がなかったため、しかたなーく行くことにしたのです。
もちろん、受付前に消毒と検温を済まして、脱衣所でも他の人と近づかないよう二人でキョロキョロ…。
が、入ってしまえばもう楽しいばかり。
「あーいいお湯だなー。」
と二人で満喫しました。

 

しかし、上がってからが大変

「なんだろう。混んできた…。」
「ドライヤー、一個も空いてない。」
そして極めつけ、
「脱衣所ってみんなマスクはずしてる!」
もちろん自分もさん子もはずしてます。お互いに無防備なんですね。
しかたがないことなんですけど、お湯に目がくらんで、入る時は分かっていませんでした。
だからこその消毒と検温なんでしょうが、後ろの方から軽い咳が聞こえてきて…。
「母よ。もう帰ろう!」
ふとしより、コロナへの意識が高いさん子さん。一刻も早く帰りたい素振り。
真冬に濡れ髪です。少々迷いましたが、ドライヤーが空くのを待っているのもどうかと思い、二人で温泉を出ました。
駐車場では、ピューピュー吹く風に乗って雪が舞っています。
「これは、速く家に帰ってさん子の髪を乾かさなくては…。」
と思いましたが、雪国のため積雪で道路は凸凹、ツルツル。スピードは出せません。
20分以上かかって帰りました。

 

ボイラーはいつ直るのか…

温泉は楽しいけれど、コロナは怖い。
お金もかかるし、何より時間がかかりすぎる。
雪道の往復は下手すると、出入り込みで1時間近くかかります。温泉自体も1時間ほど。出発して家に着くまで2時間くらいかかる気がします。
おまけに降雪で、庭は真っ白。急いでドライヤーをして、雪かきに出て戻れば汗だくです。
そして、遅い帰りを待っていた猫さんたちの世話をして、人間のご飯を作ります。
温泉のせいでしょうか、洗濯物も多いような気がして、ご飯支度の間に洗濯機を回します。へとへとでご飯を食べ終わるころ
「洗い終わりましたよー。」
と、親切な洗濯機さんが教えてくれます。
何もかも終わってぐったりコタツに横になると、後から温泉に出発した夫が帰ってきて
「もう寝た方がいいんじゃない?」と…。

ボイラーは、関係業者さんがお正月休みの所もあり、部品が手に入らないため、どうやら直ぐに修理できないようです。
ということはいつまで温泉に通うのか…。

 

ボイラー更新。そしてブログも更新

楽しいのか辛いのかよくわからない温泉通いも5日続き、6日目の今日とうとうボイラーが直りました。
結局、修理では済まずに新しいものを購入したので、ものすごい出費ですが、家でお風呂に入れるならば…、選択の余地なしです。

この数日間、仕事始めと温泉通いと久しぶりの大雪が重なり、ふとしの疲労はピーク。
ブログ用のマンガは中途半端な状態で完全に停止していましたが、本日久しぶりに家のお風呂に入って、テンションもあがり
「今日は絶対ブログ描くぞー!」
と意気込んでとりかかりました。
久々に腰を据えてゆっくりマンガ描き…。楽しいなー、と思ってたら時間かかりすぎて、日付越えちゃいました。はは…。

雪かきで使いすぎた右手が震えて、しょぼしょぼの線もありますが、頑張って描きましたので見ていただける方があればうれしいです。

おっと、ひーくんがふとしの寝るのを待ってます。さあ、早く寝なくっちゃ…。
それでは、おやすみなさーい。