ふーちゃんのかわいさを伝えたい

まだ肩が痛いふとしです

昨日、猫さん達の写真でブログを書き、
「まんが描けないけど、ブログは書けるじゃん。やったー。」
と喜び、いそいそと今日も猫さん写真でブログを書き始めました。

 

昨日の写真はふーちゃんの映りがいまいちだったので、今日はいかにふーちゃんが可愛いかを説明していきたいと思います。ふふ。

 

ちなみに昨日の記事はこちら↓です。
みーちゃんのへそ天写真載ってます。

siroihutosi.com

 

何しててもかわいい

f:id:siroihutosi:20210306124510j:plain

最初はふーちゃんがいるとは気づかず、違和感だけ感じてました。
引きの写真で見てみると…。

f:id:siroihutosi:20210306124718j:plain

床に無造作に置かれたバックとバックの間で、渋い表情でじーっとしてます。
何かに堪えているかのような顔は、マッチ売りの少女に例えたいけれど、ちょっと渋すぎる…。
うーん、ほっかむりした雪ん子くらいならどうだろうか。

 

普段、こんなところに潜る子ではないので貴重な状態。

「そうだ写真写真!」

 

撮りなれていない飼い主と、撮られなれていないふーちゃん。
この写真が撮れたのは運が良かったです。
すぐ、ふとしに気づいていなくなってしまいました。

 

爪痕を残すみーちゃん

今回ふーちゃんの回なので、みーちゃんは出てこない予定でしたが、上の写真よく見ると銀色の敷物が破けてます。

 

これ、犯人はみーちゃんです。
異物食いがやめられないみーちゃん。いろんなものをかじります。
かじるだけじゃなく食べちゃうので、
「わー、これも食べてる!もう置けない…。」
「あっ、これもボロボロ。」
と出しておけないモノが増えていきます。

 

この敷物も、もう二度と敷かれることはないでしょう。とほほ。

 

ふーちゃんの魅力を…

いけない、みーのことを書いてしまった。

 

では、ふーちゃんの魅力を語るとしましょう。あー…。
なんかまたキーボード打ってるうちに肩が…。あー…。

 

書きたくないわけではないのですが、これ書き始めると終わらない気がする。
よし!今日はあと一枚写真を載せて、続きは後日にしましょう。

f:id:siroihutosi:20210306130924j:plain

ふーちゃんが、高いところのニャンモックからお顔を出して、地上のふとしとさん子を見下ろしているところです。

 

カメラを向けたら目線を向けて下さいました。
ありがとう。ふーちゃん。好きよー。

 

おっとり、もったり、むっちりとしたふーちゃんは我が家で「マダム」と呼ばれています。そこのところも今度写真付きで書きたいと思ってます。

 

 ↓ふーの大好きなおもちゃです。
 赤いレーザーで壁や床にポイントが出ます。
 飼い主が一歩も動かずに猫を操れるすごいおもちゃです。

普通の振り回す系のおもちゃにはほとんど反応してくれません。
そんなところも、個性的で好きです。ふーちゃんラブ😍