心を半分ひきちぎって… 後編

思いを伝えたい。もう言葉は届かないけれど…。

心を半分ひきちぎって… 中編

お別れの時は淡々と流れていきます。でも、悲しみや痛みが波のように何度も訪れ、思いは募ります。

心を半分ひきちぎって… 前編

いつかお別れの時が来たら…。ふとしは、幸せで大きくふくらんだ自分の心を、半分にひきちぎって、愛した猫さんへ渡します。痛みで苦しみながら…。

相思相愛

愛し合ってる二人は幸せそのものですが、周りから見れば…。

夫は妻を怒らせる天才

夫はふとしが怒ってても、いつも普通…。

夫は話の要約を求める…

夫は妻の怒りに気づかない。なぜなら「察する」機能が停止中だから…。

みーちゃんは目覚まし(静かな場合)

いつも起こしに来るみーちゃんが今日は来ない。ふとしは不安で…。

みーちゃんは目覚まし

毎朝のようにふとしはみーちゃんに起こされます。その起こし方が…。

さん子の音読

教科書を忘れてきたさん子が、宿題の音読で読んだものは…。

あったらいいな こんな除菌グッズ

ふとしの想像グッズ。こんなのあったらいいなーって…。