友だち追加

ふとしを待つみーちゃん

最近特にですが、猫さん達の可愛さに癒されて、嫌なことや辛いことを忘れさせてもらってます。

 

そこに存在しているだけで、飼い主の生きる糧になっている猫さん達。
ふとしはこの子たちを愛して止みません。

 

猫さん達もきっと同じ気持ちのはず。
きっと…。

 

多分…。

 

出待ちは愛の証?

最近みーちゃんに出待ちされてます。
トイレ終わりとか、風呂上りとか…。

f:id:siroihutosi:20211127215853p:plain

特に、風呂上がりに脱衣所の引き戸を開けると、暗がりに静かにたたずむみーちゃん。

ちょっと怖いです。

 

でも暗くて寒い廊下で、じっとふとしを待っていたのかと思うと、胸がキュンってなります。
しかも、周囲が暗いため瞳孔が開いて黒目ばっちり!

 

可愛さが何倍にも加算されて、ふとしは思わず抱きしめます。

 

しかし、猫飼いの方ならお分かりいただけることと思いますが、風呂上がりの抱っこやお顔スリスリは、恐ろしい事態を引き起こします。

 

分かっちゃいるけど抱っこしたい

そう。
体や顔が猫の毛だらけになっちゃうんです。

f:id:siroihutosi:20211127215936p:plain

せっかくお風呂に入ったのに、湿った体や顔の周りに毛がくっついて、ふわふわムズムズ。
手で払ったり指でつまんだりするのですが、一向にスッキリしません。

 

「もう、みーちゃんたら。もう…、ぺっぺ。」

みーが抱っこしてくれと頼んだ訳ではないのですが、悪いのはすっかりみーちゃんになってました。

 

ふとしから言わせてもらえば、かわいい子が黒目クリっクリで出待ちしてたら、抱っこしない訳に行かないじゃない?


だからみーちゃんがふとしに抱っこされるのは、みーの可愛さの「業」というもので、ふとしはむしろ被害者なのですよ。うむ。


などと言い訳をしているうちに、そもそも抱っこがあまり好きじゃないみーちゃんは、トトトっと逃げていきました。

 

ふとしを待っていたのに、抱っこは拒否なんてツンデレね。
みーの意地悪さん。

 

そう思いながら廊下を進むと、逃げたみーが追いかけて来て、ふとしの左足元を沿うように歩き始めました。

 

ふとしとみーのクロスロード

「あらあら、じゃ一緒にリビングへ行きましょうね。」

と体をドアのある左方向へ向けました。

 

それと同時に、みーちゃんが体当たりするように、一気に右側へダッシュ

f:id:siroihutosi:20211127220009p:plain

ふとしとみーちゃんは行きたい方向が交差して、スネでみーの横っ腹を蹴り上げそうになっちゃいました。

f:id:siroihutosi:20211127220055p:plain

足が当たる瞬間、

「蹴っちゃだめー!!」

と思い、ぐっと足を出すのを堪えたふとしです。

 

でも勢いが殺せずに、みーのぼてんとしたメタボなお腹を、「ぐごごごっ」っと押してしまいました。

 

「んみゃみゃみゃみゃ〜!」

と憤慨するみーちゃん。

でもね、急に飛び出したのはあなたの方でしょう。

ふとしもビックリしたんですよ。

f:id:siroihutosi:20211127220136p:plain

それにしても、なんで急に右側に行きたくなったのかと、そっちの方を見てみました。

 

みーの気持ち

あぁ、そっかー。

 

右にあったのは、毎朝一緒に遊ぶおもちゃがいっぱい入った壁付けの棚です。

みーはふとしが風呂から出たら、おもちゃで遊んで貰おうと必死だったのでした。

 

暗い廊下でいつ出てくるか分からないふとしを待って、

 

出てきたはいいけど、何か勘違いして抱っこしてきたふとしから逃げて、

 

その後さっさとリビングに行かれそうになって、

 

仕方なく体当たりで、分かってもらおうとしたんです。

f:id:siroihutosi:20211127220217p:plain

「ふとし遊んでー!」

「あそこのおもちゃ出してー!」

 

言葉で伝えられないから、ちっちゃい頭で一生懸命考えたんだね。

 

ごめんね、気が付かなくて。
一日中ずっと家の中なのは、安全ではあっても、退屈なのは間違いないよね。

 

窓の外を眺めて、そこを鳥や虫が通り過ぎても触れる訳じゃない。
追いかけることも出来ないし、次にいつ来るかも分からない。

 

振り向いてお部屋を見ても、いつもと同じ見慣れた空間。
床に落ちているおもちゃのボールも、もう何度も遊んで飽きちゃった。

 

飼い主のふとしがしまってあるおもちゃを出すかどうか、それを振り回してくれるかどうか、自分が満足するまで遊んでくれるかどうか…。


これはとっても重要なことなんだね。
寒くても、暗くても、その時を逃さないためにじっと待ち続けるほど、とっても大事なこと。

f:id:siroihutosi:20211127220303p:plain

我が家の階段は、太っちょのみーが降りる時にコケないように、一部滑り止めにマットを貼ってあります。

 

みーちゃんは、いつもその小さなマットの上にちょこんと乗って、ふとしが出てくるのをじっと待ってます。

 

廊下も階段もツルツルで、きっと肉球が冷たいのでしょう。
でもマットに乗ったとて、寒いことには変わりないのですが…。

 

老いに負けるなふとしよ…

食べ物があって、温度管理がしてあるお部屋で、衛生と健康に気配りしてあれば猫さん達は生きていける。


でもみーちゃんはまだ若く、充分に体を使って遊びたいお年頃。
ふとしも毎日遊んでいるけれど、もっともっと遊んで欲しいと思うのでしょう。

 

あれ、でももしかして自分でも気が付かないうちに猫さんとの時間が減っていたのかもしれません。
50代ふとしは日々老いに向かって生きていますから、じりじりと体力も減ってきてます。

 

「こりゃいかん!」
可愛いこの子たちを守っていくためには、まだふとしは元気じゃないといけません。

 

ふと思い出し、とっておいた古いリボンを使って新しいおもちゃを作りました。
ひーくんとふーちゃんも寄ってきました。

 

途中で何回も息が切れるけれど、体力づくりも兼ねて皆で遊ぼう!
猫さん達が遊んでくれなくて、ふとしだけ「新体操のリボンの演技」みたいになっちゃうこともあるけれど、それでもいいよね。

 

退屈するくらいなら、ふとしの面白い踊りを見てる方がまだマシかもしれない。
ふとしも可愛い観客がいると思って頑張りますよ。

f:id:siroihutosi:20211127221132p:plain

猫さん達に贈る「猫じゃらしの舞」
毎晩開催予定としたいと思います。


まあ…、でも、その…、あくまで「予定」ね。…ね。ふふ (^-^;

 

 

 

↓ ふとしの独り舞台「猫じゃらしの舞」は、いつもの事なんです。慣れてるんです…。

siroihutosi.com